読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RINNA.no

do more of what you love

平井堅を聴いたら日本がちょっと恋しくなった話

f:id:rinna_no:20170208070950j:plain

こんにちは!

題名のまま、こないだカメラほしいなーと思ってネットでいろいろ見ていたらビデオで平井堅の曲が流れて無性に日本が懐かしく?(実際5か月しか離れてないけど) なりました。

 

 

 ちなみに平井堅は日本にいてもとくに聴くアーティストではないのですが、自分が小学生くらいの時にたくさん聴いた覚えがあります。そして彼は聴いていると切なさがこみあげてくる声というか、不思議な力を持った声をしている気がします。

 

 

なので小さいころの記憶とかよみがえってきてあーあんなこともあったなあとかあの子は今どうしてるかなとか考えました。私は昔は大人になりたいばっかり考えていて、変にませた子供で中高生のころは特にいろいろなことがばかばかしく思えてしまって素直に青春を楽しめませんでした。今思えばもっと考えずにばかなことやったり、若いうちに楽しめたことがたくさんあったのに自分もったいないことしたなと思います。

昔は早く大人になりたくて、今は昔に戻りたいなんて本当にないものねだりだなあと思うわけですが…

 

 

 

 

海外に来てみると、いい意味で日本を見直すきっかけになります。日本にいて当たり前と思っていたことが、外国では「何それ?」状態だったり、日本のここが嫌だと思っていたこともそう悪くないと思えたり。逆にいいと思っていた部分が実はそうじゃなかったり、やっぱり自分がおかしいと思っていたことは外から見てもおかしいと分かったり。常に「日本人としての思考」が試されるというか、やっぱり自分と日本は切り離すことができないもので、これはいくら長く海外に住んでも私の場合は変わらないんだろうなあと思います。

 

 

 

 

 

私は個人的に日本はまあ好きだし(政治は別として)、これだけの人口をかかえながらそれなりにうまくやっているのはすごいなと思います。よく北欧との社会保障だとかの比較されて日本もどこどこを見習うべきという議論も見受けられますが、そもそも国の基盤や歴史、考え方など背景が違いすぎる、そして人口も圧倒的に少ない北欧の国々と日本は安易に比較できません。実際に国連などの各ランキングで優秀な国常連のノルウェーでさえ様々な問題を抱えているし、完璧な国など存在しないことが分かります。

 

 

 

 

つまるところ今思うのは、日本をこうして外から見ることで学ぶことがたくさんあって、すぐ帰れないことはもどかしい時もあるけど日本を懐かしむ感情が私は意外と好きだなあということです。私はノルウェーが大好きなのでこの国のことを今はもっと知りたいと思うしそうするつもりです。ですが、日本に帰ってあーやっぱり日本もいいなって思う瞬間も楽しみです。

 

 

 

 

そんなことを考えた夜でした。